料理レシピ

愛菜じゃがたまチゲ

野菜たっぷりのチゲ鍋の決定版!

愛菜の野菜でつくれば、おいしさが
ひと味も、ふた味も、違います。


暑い夏を前に、今、愛菜ファームでは玉ネギとジャガイモが収穫期を迎えています。
夏を迎える身体づくりに、あったかいチゲ鍋はいかが?
ジャガイモと玉ネギをたくさん食べられるので、
お子さまやお年寄りにも人気です。


夏に必要なビタミンC が豊富なジャガイモ!

主成分がでんぷんのジャガイモは、カロリーも低めで、
ビタミンCがたっぷり。他にも、ビタミンBやミネラル成分も豊富に含まれています。
特にジャガイモのビタミンCは、熱に強く、煮たり焼いたりしても壊れにくいのです。

ジャガイモ玉ネギ

美容と健康に摂りたいチゲ鍋!

韓国の代表的鍋料理のチゲ鍋。辛さと味の決め手は、コチュジャンで、その主成分は赤唐辛子です。
「カプサイシン」という成分が多く含まれていて、美容と健康に貢献します。
発汗をうながし、基礎代謝に働きかけ、体内の脂肪などの燃焼やダイエット効果にもいいと言われています。
また、ビタミンB1を多く含む豚肉は、疲労回復にひと役買い、消化吸収の面からもキムチとの相性も抜群です。



●じゃがたまチゲのレシピ

・玉ネギ………中1個~2個
・ジャガイモ…………2個~3個
・豚バラ肉 (薄切り)………250グラム
・絹ごし豆腐………… 1/2丁
・シメジ………… 1パック
・ニラ………… 1束
・白菜キムチ……  100g
  ※市販のものでOK
・昆布……  長さ10cmのもの 1枚

[チゲの素]
・味噌………大さじ3
・コチュジャン …………大さじ1~2
  ※お好みで増減する
・すりおろしニンニク  ………1片
・ひきわり納豆 ………… 80g
・ごま油…………適宜



①玉ネギを軽く水洗いしてから、皮をむきます。
縦半分に切り、繊維にそってくし形に切っておきます。

②ジャガイモは皮をむいて、幅約4ミリ幅に切っておく。

③水カップ6杯と昆布を鍋に入れ、②のジャガイモを入れて、弱めの中火にかける。
昆布は沸騰する前に取り出す。

④ダシが沸騰をしてから、3~4分後、①の玉ネギを入れる。

⑤④の玉ネギに火が通ったら、チゲの素をダシで溶いて入れる。

⑥適宜切り分けた豆腐、シメジを入れ、薄切りの豚バラ肉を1枚ずつ、ほぐしながら入れる。

⑦白菜キムチを入れ、ごま油を回し入れる。
 ニラは、5センチ幅に切って入れる。

お好みで卵を割り入れて、半熟の時に食べてもおいしい。
ご飯にかけたり、うどんを入れて食べてもおいしい。

じゃがたまチゲ

コメントする

名前

URL

コメント

愛菜ファーム

「愛菜の郷」は、お客様との相互の絆を大切にします。


愛菜ファームの品質宣言
G-GAP品質はコチラ!

愛菜ファーム農法
こだわりの農法はコチラ!


愛菜ファームのホームページ

愛菜レシピ

店長ブログ

店長ブログ

ページトップへ